看護師の出産後のキャリアを考える

看護師の妊娠出産後のキャリアについて考えよう

出産後の看護師キャリア協議会

妊娠出産という機会は、今までのキャリアを活かしつつ自分にあった働き方を考えるチャンスです。経験やスキルを活かし転職できる職業にどんなものがあるのでしょうか、治験コーディネーターや臨床開発モニター、ケアマネージャーに養護教諭など、看護師の活躍できる場は広がりをみせています。では、どの仕事が自分に向いていて、その求人情報はどのように入手すればいいのでしょうか?すぐに役立つ情報をご紹介します。

Pick Up コラム

医療機器メーカーで営業に挑戦
医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで看護師が働く場合、クリニカルスペシャリストという営業的な仕事があります。お客様に製品の説明をするのが仕事で比較的給料も高く、休日も一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、後悔しない転職をするようにしましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す
看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は、権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。年収では1000万円前後の病院もあります。しかし、看護部長への道はかなり険しく、努力や実力以外の要因も必要となります。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

出産後にお金が貰える!
出産後にお金が貰える!

妊娠出産には何かとお金が必要です。一時金や手当て、免除されるお金など出産前にしっかりと調べておくことで、出産時の経済的な負担がかなり軽減されることがあります。出来るだけ損をしないようにするために知っておきたいお金のことをご紹介します。

出産後にお金が貰える!の続きはコチラ

先頭へ戻る