出産を機にキャリアアップを考えよう!

看護師の妊娠出産後のキャリアについて考えよう

キャリアアップ志向の方に人気の記事

妊娠出産時は今までのキャリアを振り替えるチャンスとなります。女性が出産後に継続して働ける環境が整いつつありますが、育児等の時間を確保しながらどのように働くのがいいのか、転職を含めて働き方を見直す機会です。看護師不足や不景気などから、看護師向けの求人は色々なメディアに掲載されています。そのメディアの利点や欠点を理解して求人情報を探してみましょう。また、キャリアを積み、ゆくゆくは看護部長までと考えている方もいると思いますので、どのように看護部長になるのかもご紹介します。

妊娠を機にキャリアを見直そう!

妊娠を機にキャリアを見直そう!

妊娠出産を機にキャリアを見直す女性は多くいます。厚生労働省の調べでは女性の平均初婚年齢は29.2歳となり第一子出産時の母親の年齢は30歳をこえました。また、ここ数年で育児休暇を取得した人の割合は8割(厚生労働省)におよび、女性が出産したあとそのまま継続して働ける環境が整いつつある状況です。しかし、出産前のような時間がない中、どのように働くのがいいのか自分の独自性はどういうものなのかを考え、自分の強みを活かしながら働いていくことが重要です。

妊娠を機にキャリアを見直そう!の続きはコチラ

看護師の復職先はここで探そう!

看護師の復職先はここで探そう!

復職を考えているけれど、どのように求人を見つけたらいいのかわからなかったり、求人が多すぎて希望の求人を絞り込めないなどと悩む看護師は、就職先を探す前に自分の動機や希望、経験やスキルなどを整理してみましょう。看護師不足や不景気などから、看護師向けの求人は色々なメディアに掲載されています。しかし、メディアの情報と実際の職場の状況がまったく違うということも往々にしてありますので、求人はそのメディアの利点や欠点を理解して慎重に探すようにしましょう。

看護師の復職先はここで探そう!の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す

看護師のトップ、看護部長を目指す

看護師長になり、さらに上を目指して出世したい方は、病院内の看護師の頂点である看護部長というポストがあります。権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。看護部長になるには、学術論文の執筆と医師との人脈、また病院内だけに留まらず看護協会や学会の人脈や政治力といったものが影響してきます。このように、努力すればなれるというものでもなく実際には看護部長になる人は予め内定しているといっても過言ではありません。運やタイミングなどの複雑な要因が関係してきます。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

Pick Up コラム

医療機器メーカーで営業に挑戦
医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで看護師が働く場合、クリニカルスペシャリストという営業的な仕事があります。お客様に製品の説明をするのが仕事で比較的給料も高く、休日も一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、後悔しない転職をするようにしましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す
看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は、権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。年収では1000万円前後の病院もあります。しかし、看護部長への道はかなり険しく、努力や実力以外の要因も必要となります。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

出産後にお金が貰える!
出産後にお金が貰える!

妊娠出産には何かとお金が必要です。一時金や手当て、免除されるお金など出産前にしっかりと調べておくことで、出産時の経済的な負担がかなり軽減されることがあります。出来るだけ損をしないようにするために知っておきたいお金のことをご紹介します。

出産後にお金が貰える!の続きはコチラ

先頭へ戻る