キャリアも大事だけど、知っておきたい出産費用

看護師の妊娠出産後のキャリアについて考えよう

出産費用はいくらかかる?

出産費用はいくらかかる?

将来は子供がほしいけど、どのくらいお金が必要になるのか不安になると思います。しかし、給付金や手当金などがありますので意外になんとかなるものです。基本的には妊婦の健診と出産費用で50万円~100万円くらいのお金がかかると言われています。妊娠出産に向けて必要なお金をご紹介します。


産休、育児休暇中のために生活費を準備する

産休、育休の間は働くことができません。期間は人それぞれでしょうが、通常産休の場合6週間、産後の場合8週間、育児休暇は子供が1歳になるまでが目安となります。保育所などの施設がなかなか決まらない方は1歳6ヶ月まで取得可能です。その間、健康保険から出産手当金(出産前後98日間、日給の3分の2)、雇用保険から支給される育児休業給付金(月給の5割相当額)などが受給できます。しかし、出産手当金は産休後の申請であったり、休暇中も住民税などは支払わなければならないため、産休に入る前には3ヶ月分の生活費と住民税を払えるくらいの貯蓄は必要です。

ほとんど公費で0円、出産前の検診費用

妊婦は出産するまでに14回前後の定期健診を受けますが、検診代は1回につき5千円~1万円程度と病院によって異なります。自治体の「妊婦健康診査費用助成」制度を利用することでほぼ公費負担になります。ただし、負担額には上限があるため、負担額の上限を超える部分は自己負担になります。しかし、月額81000円以上の医療費がもどってくる高額療養費制度なども利用することができます。妊娠出産を考えている人は、自分が住む自治体や病院に事前に確認しておく必要があります。
分娩、入院費用は病院によって差がありますが、厚生労働省の調査では総額の全国平均47万3626円です。ただし、1人につき42万円の出産育児一時金が健康保険から支給されますので、実際の自己負担額は数万円程度の場合が多いようです。

マタハイで赤ちゃんグッズを買いすぎない

意外に費用がかかってしまうものが、ベビー用品やマタニティ用品です。マタニティハイという言葉もあるくらい妊娠中の買い物が止まらない傾向があります。色々と想像して購入するのは楽しいし、ストレスの解消にもなるとは思いますが、これからたくさん出費がかさむことも考え、知人から借りることや産後に必要なものを買い揃えることにして、産前の買い物は自制をして最低限に留めるようにしましょう。また必要なものはインターネット通販で安く購入することもできますので、事前にチェックしておくと役に立つと思います。

必要な物を賢く、ネットで探せて豊富な品揃えのマタニティウェアの通販サイトなら「ニッセン」

ニッセン

Pick Up コラム

医療機器メーカーで営業に挑戦
医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで看護師が働く場合、クリニカルスペシャリストという営業的な仕事があります。お客様に製品の説明をするのが仕事で比較的給料も高く、休日も一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、後悔しない転職をするようにしましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す
看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は、権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。年収では1000万円前後の病院もあります。しかし、看護部長への道はかなり険しく、努力や実力以外の要因も必要となります。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

出産後にお金が貰える!
出産後にお金が貰える!

妊娠出産には何かとお金が必要です。一時金や手当て、免除されるお金など出産前にしっかりと調べておくことで、出産時の経済的な負担がかなり軽減されることがあります。出来るだけ損をしないようにするために知っておきたいお金のことをご紹介します。

出産後にお金が貰える!の続きはコチラ

先頭へ戻る