キャリアを活かせる出産後の仕事を思い描く

看護師の妊娠出産後のキャリアについて考えよう

出産後のキャリアを思い描こう

女性としての人生設計にあった職場を望むのは、当たり前のことだと思います。命と関わるいわば「聖職」といえる看護師の仕事ですが、夜勤があったりして労働環境はとても厳しい場合が多いです。それでも看護師としての仕事にこだわりたいのであれば、病院内の看護師のトップである看護部長が目標になります。権限も大きいですが、責任も大きい大変な仕事です。ほかに病院以外の仕事としてケアマネージャーや養護教諭、医療メーカーのクリニカルスペシャリストなど、看護師が活躍できる職業をご紹介します。

看護師のトップ、看護部長を目指す

看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は権限も大きいですが、責任も大きい大変な仕事です。看護師長になるのも難しいのに、さらにその先の看護部長への道はかなり険しく、努力や実力でどうにかなるものでもないようです。学術論文や医者との人脈、タイミングや運など自分ではどうにもならないものを味方につけなければならないくらいの険しい道です。看護部長というのはどういう役職なのか、役割はなにか、年収や看護部長になるためにはどうしたらいいのかをご紹介します。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

家庭を優先したいなら養護教諭へ

家庭を優先したいなら養護教諭へ

普通、結婚や妊娠や出産を考え、女性としての人生設計にあった職場を望むのは当たり前のことだと思います。命と関わるいわば「聖職」といえる看護師の仕事ですが、夜勤があったり時間外勤務があったり労働環境はとても厳しい場合が多いのではないでしょうか。残業はあったとしても勤務時間がきまっていて、看護師の経験やスキルを活かせる職として養護教諭を思いつく人は少なくないと思います。では、養護教諭になるにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

家庭を優先したいなら養護教諭への続きはコチラ

医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで働く看護師は、クリニカルスペシャリストとして営業的な仕事をします。比較的給料も高く、休日も週休二日と一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、その求人はなかなか見かけることが出来ません。なぜかというと非公開での募集が多く、看護師求人サイトなどに登録しておかなければ探せない場合が多いからです。医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、前の職場のほうがよかったなど後悔しないようにしておきましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

介護に興味があるならケアマネージャーへ

介護に興味があるならケアマネージャーへ

ケアマネージャーという言葉をなんとなく耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。どのような役割をもっている人なのか、具体的によく知らない方がほとんどだと思います。どのように今後の生活を送るかを要介護者とその家族と一緒になって考えてくれる在宅介護に必要不可欠な存在がケアマネージャーです。介護が必要になった本人やその家族から情報を聞き取り、ケアプランを作成し実行します。ケアマネージャーという仕事の具体的な内容をご紹介します。

介護に興味があるならケアマネージャーへの続きはコチラ

Pick Up コラム

医療機器メーカーで営業に挑戦
医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで看護師が働く場合、クリニカルスペシャリストという営業的な仕事があります。お客様に製品の説明をするのが仕事で比較的給料も高く、休日も一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、後悔しない転職をするようにしましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す
看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は、権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。年収では1000万円前後の病院もあります。しかし、看護部長への道はかなり険しく、努力や実力以外の要因も必要となります。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

出産後にお金が貰える!
出産後にお金が貰える!

妊娠出産には何かとお金が必要です。一時金や手当て、免除されるお金など出産前にしっかりと調べておくことで、出産時の経済的な負担がかなり軽減されることがあります。出来るだけ損をしないようにするために知っておきたいお金のことをご紹介します。

出産後にお金が貰える!の続きはコチラ

先頭へ戻る