キャリアを活かして出産後に復職するには

看護師の妊娠出産後のキャリアについて考えよう

出産後看護師の復職情報

人生において、妊娠や出産は今までのキャリアを振り返るチャンスの時です。今までのように時間を割くことの出来ない中、どのように働くのがいいのか、自分の独自性はどういうものなのかを考え、自分の強みを活かして働きましょう。現在では、看護師の活躍できる場は広がっており必要とされる職場は医療機関以外にも多岐にわたります。無理の無い復職や転職をできるように備え、求人をどのように探したらいいのかなど情報をご紹介します。

妊娠を機にキャリアを見直そう!

妊娠を機にキャリアを見直そう!

妊娠出産は今までのキャリアを振り返るチャンスです。今までのように時間を割くことの出来ない中でどのように働くのがいいのか、自分の独自性はどういうものなのかを考え、自分の強みを活かして働いていきましょう。妊娠や出産をしても仕事を続け、キャリアを積みたいという方は今の時代では当たり前のこととなってきています。20代まではしっかり働き、30歳前後で結婚をし、35歳までには初産というライフプランを考えている人が多くなってきているようです。

妊娠を機にキャリアを見直そう!の続きはコチラ

看護師のスキルをどこで活かす?

看護師のスキルをどこで活かす?

一般的な看護師の印象は、病院で働く優しくて頼もしい存在です。しかし、現在では看護師の活躍できる場は広がっており、必要とされる職場は医療機関以外にも多岐にわたります。一目見ただけでは看護師とはわからない姿や企業で看護師として働く方たちもたくさんいます。看護学校を卒業し病院で働き、その後に転職を考えた人もいると思います。そんな人は看護師の活躍の場の広さに驚く方もいることでしょう。ここでは、看護師が活躍できる職場をご紹介します。

看護師のスキルをどこで活かす?の続きはコチラ

看護師の復職先はここで探そう!

看護師の復職先はここで探そう!

復職をする際に求人をどのように探したらいいのでしょうか。求人が多すぎて希望の求人を絞り込めないなどで、がむしゃらに求人を探していくというのはあまり効率的とはいえません。それではどのように探すのがいいのでしょうか。看護師の求人探しの準備や、求人を探す方法などをご紹介します。また求人探しに失敗しないようにコツを解説します。探す前に自分の動機や希望、経験やスキルなどを整理してから様々なメディアでの求人探しの利点や欠点を理解して求人を探してみましょう。

看護師の復職先はここで探そう!の続きはコチラ

職場復帰の注意点

職場復帰の注意点

看護師という職業はまだまだ女性が多く、女性は結婚や出産を機会に退職を考えたことがあると思います。家庭に入り子供が成長し、生活が安定してくると復職を考えるようになる方もいます。出産後の看護師が復職する場合、産休育休による長い空白期間に不安を感じている方が多いそうです。子育てと仕事の両立はなかなか簡単にはいかないため、看護師に復職することをためらう方もいます。復職に向けての取り組み、心構え、勤務形態や労働時間などを考えて、無理のない復職をするための注意点をご紹介します。

職場復帰の注意点の続きはコチラ

Pick Up コラム

医療機器メーカーで営業に挑戦
医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで看護師が働く場合、クリニカルスペシャリストという営業的な仕事があります。お客様に製品の説明をするのが仕事で比較的給料も高く、休日も一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、後悔しない転職をするようにしましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す
看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は、権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。年収では1000万円前後の病院もあります。しかし、看護部長への道はかなり険しく、努力や実力以外の要因も必要となります。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

出産後にお金が貰える!
出産後にお金が貰える!

妊娠出産には何かとお金が必要です。一時金や手当て、免除されるお金など出産前にしっかりと調べておくことで、出産時の経済的な負担がかなり軽減されることがあります。出来るだけ損をしないようにするために知っておきたいお金のことをご紹介します。

出産後にお金が貰える!の続きはコチラ

先頭へ戻る