出産後にスキルを活かせる職場

看護師の妊娠出産後のキャリアについて考えよう

看護師のスキルをどこで活かす?

看護師のスキルをどこで活かす?

病院に行ったときに看護師の姿を見て憧れ、看護師になろうと思った人は多いと思います。一般的な看護師の印象は、病院で働く優しくて頼もしい存在です。「白衣の天使」として白衣を着て仕事をしているイメージがあります。しかし、現在では看護師の活躍できる場は広がっており、必要とされる職場は医療機関以外にも多岐にわたります。
一目見ただけでは看護師とはわからない姿や職場で看護師として働く方たちもたくさんいます。看護学校を卒業し病院で働き、その後に転職を考えた人もいると思います。そんな人は看護師の活躍の場の広さに驚く方もいることでしょう。看護師が活躍できる場をご紹介します。


老人介護施設

老人介護施設は、看護師が働いているイメージが比較的持ちやすいと思います。主な仕事内容といえば、介護福祉士さんやヘルパーさんと一緒に介護を行い、老人介護施設の医師やかかりつけのお医者さんの指示をもらい医療処置を施すということです。病院勤務とは違いゆっくりとした時間が流れているため、病院勤務に疲れた看護師さんは働きやすい環境といえるでしょう。数少ない看護師の比較的楽な仕事といえます。

訪問介護

こちらも看護師の働いているイメージが持ちやすい職場といえます。障害のある方や病気の方、高齢の方の自宅を訪問して必要なケアをします。看護が必要な方とその家族もケアの対象となり、幅広い視野や思いやりの豊かな方が必要とされる職場なので、看護師として人として成長できる職場です。転職を希望する看護師の方も多いようです。

ケアマネージャー

看護師がケアマネージャーの資格取得をする人が増えているようです。介護認定調査やケアプラン作成、ケアの導入調整や利用できる社会資源の導入など、高齢者と高齢者を抱える家族の暮らしを支えているとても重要な仕事です。介護の対象者だけでなくコミュニケーションスキルが磨ける職場です。

医務室や保健室

医務室を設置してある比較的大きな会社や学校の保健室が勤務先となります。業務内容としては検診のスケジュール管理やその結果次第での健康指導が主な業務となっています。体調不良などの手当てはありますが、病院とは違い注射や投薬が無い場合がほとんどです。最近では精神的な相談を聞く場となっているため、そういった能力を伸ばせる職場です。

製薬会社や医療機器会社

製薬会社では主に治験コーディネーターやその補助的な業務です。医療機器の会社では新しい機器のデモンストレーションを病院などで行い説明するフィールドナースという業務があります。2つとも業務内容としては患者さんを相手にするというよりも、医師や薬剤師などの医療スタッフとのかかわりが多く、事務作業やコミュニケーション、マナーなどのスキルを身に着けることが出来ます。

Pick Up コラム

医療機器メーカーで営業に挑戦
医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで看護師が働く場合、クリニカルスペシャリストという営業的な仕事があります。お客様に製品の説明をするのが仕事で比較的給料も高く、休日も一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、後悔しない転職をするようにしましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す
看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は、権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。年収では1000万円前後の病院もあります。しかし、看護部長への道はかなり険しく、努力や実力以外の要因も必要となります。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

出産後にお金が貰える!
出産後にお金が貰える!

妊娠出産には何かとお金が必要です。一時金や手当て、免除されるお金など出産前にしっかりと調べておくことで、出産時の経済的な負担がかなり軽減されることがあります。出来るだけ損をしないようにするために知っておきたいお金のことをご紹介します。

出産後にお金が貰える!の続きはコチラ

先頭へ戻る