出産後に復職する際の注意点

看護師の妊娠出産後のキャリアについて考えよう

職場復帰の注意点

職場復帰の注意点

看護師という職業は依然として女性が多い職業です。女性の場合は結婚や出産が転機となり退職をする人もいますが、家庭に入って子供が成長し、生活が安定してくると復職を考えるようになる人もいます。でも子育てと仕事の両立はなかなか簡単にはいかないため、看護師に復職することをためらう人も多いのが実情です。


復職に関する不安

看護師が出産後に復職に踏み切れずにいる理由として大きなものは、空白期間による不安だと言われています。産休後の復職が早い人もいますが、育児休暇も利用すると1年ほどの空白期間となり、復帰しにくく感じてしまう方が多いようです。命に係わる看護師という仕事の責任の大きさも不安を感じる要因なのかもしれません。しかしながら看護師としてのキャリアを積んできたのに多少の不安で躊躇していては勿体ないです。結婚出産を機会に退職したとしても復職することは十分に可能であるといえます。最近では看護師の職を離れていた人向けに研修制度を設置している病院や復帰支援のセミナーを開いている病院も増えました。その他に夜勤の無いシフトや短時間の勤務、24時間託児所を設けて働きやすい職場環境に配慮している病院も増えているようです。

気持ちを切り替える

医療の進歩は早く、職を離れていた場合は勉強が必要になることがあります。医療業界で復職するためには努力が必要といえます。復職する際には初心に帰った気持ちで取り組むようにしましょう。以前の経験や知識は情報として古くなっている可能性もあるので、確認が大事であることを肝に銘じましょう。大変ではありますが、やる気を出して取り組めればすぐに勘を取り戻すことができるでしょう。
復職する期日が近づいてきたら、いろいろな準備が必要になります。子供の託児所や保育所などの手続きや送迎の担当、早朝保育や延長保育をしてくれるかなども調べておかなければなりません。看護師は時間通りに勤務が終わらない場合などがありますので、そのような時にも問題がなく対処してくれる施設を探しておきましょう。

緊急の場合に備える

子供が病気や怪我をした際、迅速な対応が可能なように準備しておかなければなりません。そうしなければ職場に迷惑がかかってしまうことをしっかりと自覚しましょう。緊急時の対策をしておくことで、復職後の勤務が楽になります。でも、子供が小さい間は長時間の勤務は難しいため、日勤だけの勤務にする方や3から5時間勤務の方が多いようです。短時間でも勤務すれば空白期間を生まずにすみます。子育て中は肉体的、精神的負担も多いので、自分にあった無理のない勤務形態が必須です。

Pick Up コラム

医療機器メーカーで営業に挑戦
医療機器メーカーで営業に挑戦

医療機器メーカーで看護師が働く場合、クリニカルスペシャリストという営業的な仕事があります。お客様に製品の説明をするのが仕事で比較的給料も高く、休日も一般企業と一緒のところも多くあります。しかし、医療機器メーカーで働く上での利点や欠点をしっかりと確認して、後悔しない転職をするようにしましょう。

医療機器メーカーで営業に挑戦の続きはコチラ

看護師のトップ、看護部長を目指す
看護師のトップ、看護部長を目指す

病院内の看護師のトップである看護部長は、権限も大きいですが責任も大きい大変な仕事です。年収では1000万円前後の病院もあります。しかし、看護部長への道はかなり険しく、努力や実力以外の要因も必要となります。

看護師のトップ、看護部長を目指すの続きはコチラ

出産後にお金が貰える!
出産後にお金が貰える!

妊娠出産には何かとお金が必要です。一時金や手当て、免除されるお金など出産前にしっかりと調べておくことで、出産時の経済的な負担がかなり軽減されることがあります。出来るだけ損をしないようにするために知っておきたいお金のことをご紹介します。

出産後にお金が貰える!の続きはコチラ

先頭へ戻る